プランナーさんとの打ち合わせは遠慮せずに何でも聞きまくること

家を建てる際、建売住宅と注文住宅ととても迷いました。建売住宅のほうが間取りなども間違いがなく安心かなとも思いましたが、時間に余裕があることと、子供のころからの「家を建てるとは」というイメージにより思い切って注文住宅で家を建てることを決定しました。家づくりの知識もあまりなく、本当の希望はデザイナーに任せたお洒落な家を建てることだったのですが、予算を考えると難しく、プランナーさんとも十分な打ち合わせを続け間取り図が出来上がり家が建ちました。特に動線にはこだわりました。当時まだ未就園児の子供がいたのですが、将来はリビング学習をさせたく、2階は主に寝室のように使い、遊んだり、勉強したりは1階のリビングで。玄関を入って2階にあがるまでに必ずリビングを通り親とのコミュニケーションをとれるような家にしました。子供も小学生にあがり、リビング階段にしてよかったなと思います。デメリットとして「来客中に子供がリビングを通るのがストレス」であったり「キッチンの料理のにおいなどが2階に筒抜け」など言われますが、我が家に来客はほとんどありませんし、子供のお友達が家に来ることが今後あっても、リビングを通過してもらうことに抵抗はありません。においなど空気の循環もそれほど気にならず、北国でもないので部屋が温まらないこともありません。しかし、これらのデメリットをストレスに感じる方はやめておいた方が良いかもしれません。一生の買い物なので、プランナーさんには遠慮せずに何でも聞きました。相性もよく満足な家が建てて嬉しく思います。

クレジットカードの即日発行じゃけん 内職 アルバイト お家の見直ししま専科 生命保険の口コミ.COM 住宅リフォーム総合情報 家計見直しクラブ 健康マニアによる無病ライフ 女性向けエステ.com 生命保険の選び方 JALカード