注文住宅でコンセントの数はケチらない

注文住宅で一戸建てを建てますと、何かとケチりたくもなるわけです。注文住宅ということで、どこをどう設計するか、住宅設備をどれにするかも自分たちですべて決めることができるのです。金額の調整だって、自分たちで行うことができるのです。自分たちの満足を追求して贅沢に設計することだってできますし、その反対に必要最低限のシンプルな一戸建てにすることだってできるのです。ですから、節約魂に火がついて、どんどんと節約したくなる人もいるでしょうか。それは私なのですが。けれど、コンセントの差し込み口の数だけはケチらない方がいいですよ。そこは節約するべきではないのです。コンセントの差し込み口の費用は、マイホームを建てることと比較したら微々たるものぐらいに思えますから。日常においてもそうですよ。コンセントの差し込み口の金額は、子供のお小遣い程度だったりするのです。けれど、十分な数のコンセントの差し込み口があるのとないのとでは、暮らしの便利さが違いますから。どうせ工事はすべて一緒に行うのです。ですからコンセントの差し込み口はケチらないよう、十分な数を確保してください。