一戸建ての家を建てた時にこだわったこと

私が一戸建ての家を建てた時に特にこだわったのはあまり近場では見られない家を建てる事を意識して建てたというのがありました。なぜなら、せっかく新築の家を建てるなら変わった家に住みたいと思ったというのがあったからです。最初はこれでどれだけ良い家になるかと思ったのですが実際に建てて見ると思った以上に良い家になって愛着も持てて良かったです。特に私が良いと思ったのが家の材質にまでこだわったのが良かったと思いました。そのおかげで一見しただけで家に高級感があるのが分かったというのがあります。せっかく注文住宅を建てるなら少しでも家の見た目を良くしたいと思ったというのがありました。そのために家を建てるなら材質には特にこだわりたいと思ったというのがありました。なので材質だけは特にこだわったとうのがありました。そこをこだわらないでどこをこだわるのかという気持ちがあったのでそこは特にこだわりました。おかげで誰が我が家を見ても高級感があると言ってもらえて良かったです。