新築マイホームはDIYせずにプロにお願い

注文住宅で家を建てる際に、良く言えば倹約家の義姉がやたらとDIYをすすめてきましたが、しかし大工さんにお任せして良かったと思っています。だって自分たちのような素人がやったら、仕上がりが悪くなると思いますもん。うちは裕福ではないですが、しかしやっぱり見た目は気になります。それに棚の取り付けにしても、かしがっていたら嫌ですし、ずっと気になることでしょう。だからこそ、いくらか支払ってでも建設のプロである大工さんにお願いしたのです(実際はお金をとらずにご好意でやってくださいましたが)。ですから、今回のバスルームのリフォームにしても、自分で行わずに住宅設備メーカーの人が派遣してくれた人にお願いしました。コーキングの割れの修理なのですが、確かにホームセンターで買ってきて、自分たちで修繕を行うこともできるでしょう。しかし失敗した際のリスクを考えて、やっぱりプロにお願いしたのです。ほかにも注文住宅で家を建てていますので、やりようによっては自分でできるところもあると思いましたが、取り付けなどに関しては、大工さんにお願いしました。リビングでくつろぐたびに「棚がいがんでるなー」と思うよりも、いくらか支払ってでもプロにお願いすべきだと私は思うんです。旦那なら言いづらいところはありますが、しかしプロにお願いした場合、「ここ直してください」と言いやすいですしね。